到達しない、間違った目標設定とは。

 

6月に入り、あっという間に1年の半分が過ぎようとしています。

上半期が過ぎるということで、振り返るのは1年の始めに立てた目標や4月に立てた目標の経過を振り返るのが6月という時期。

皆さんはいかかでしょうか?

 

今年こそは痩せるぞ!

今年こそは身体づくりするぞ!

今年こそは、ああいう服を着てみたい!

今年こそは!!!

 

という目標や願いを抱えながら目標設定をして、いざアプリを落としたり眠っていたアプリを起動したりしたダイエットや食事管理。そして運動管理。

カロリー計算も頑張って、低糖質なものに変えて、流行りのグルテンフリーにも挑戦して、マクロビもやってみたりして。

でも、何が良くて何に効果あるのかわからないし、結局カロリー計算したって全然体重なんて落ちてこないじゃん!

 

なんで? どうして??

 

そんな風になっていませんか?

はい、それが目標設定の落とし穴

まさに、絶対に到達しない目標になってしまっているんです!!

 

 

では、何が落とし穴なのでしょう?

それは、「数字だけ」「カロリーだけ」「健康そう」「糖質制限」というバランスのない数字の目標設定だから。

そして一番大事な

 

「目標を達成したら、どうしたいか」

 

が、わからなくなっているからなんです。

ここ大事です。

 

あなたは、身体づくりをして何をしたいですか?

または、身体づくりをしてどんな自分になりたいですか?

 

その設定ができないまま、または違った方向に目標設定をすると、絶対に挫折します

 

そしてダイエットや身体づくりというものがわからなくなります。

だから、日々のカロリーや糖質を制限しても意味がわからなくなってくるのです。

まずは、自分の目標設定を見直しましょう。

 

なんで痩せたいのか。

なんで筋肉をつけたいのか。

なんで身体づくりをしたいのか。

デトックスしたいのはどうしてなのか。

 

理想の自分になったときに、どんな自分だったら理想なのか。

 

確かに身体づくりは毎日の積み重ねです。

1日で身体は変わりません。毎日の継続の努力で身体は変わります。

だから、きっと、もちろん辛いことだってあるんです。

でもそれじゃあきっと、理想の自分になっても笑っていないと思いませんか?

自信を持って、身体づくりしたよ! ダイエットしたよ! って胸を張れません。

だから、もう一度、年明けでも3月でも、自粛中でも、昨日でもいいです。

 

自分の目標設定の仕方、見直してみませんか?

 

数字はその後に設定するのです。

 

数字を最初に設定しちゃ、目標は到達しないと思ってください

 

そんな目標設定の仕方、アドバイスしております。

 

「理想の自分はどんな姿をしているのか」

です。

そこには一切数字を入れないでください。

まずはそこからです。

そのスタートを決めれた人は、次の目標設定に進んで必ず達成できます

 

今日、今から、目標設定見直してみましょう。

あなたならできる!!

努力は絶対に裏切らない。わたしたちが食べたもので、身体はつくられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

藤村 菜生 Nao Fujimura

上京と共に大学進学、アパレルの勉強の途中で美容業界に惹かれ、学生時代からセラピー技術を勉強する。
卒業後、美容部員、エステティシャン、セラピストを経て、ファスティングに出会う。当時、重度の花粉症やハウスダストのアレルギー症状に悩まされていたが、ファスティングをして改善。また、10kgのダイエットにも成功。
その後、婦人系のがんが発見され手術を宣告されたが、ファスティングを取り入れたメソッドを行い、手術をせずにがん陰性に戻した。
現在は、健康でありつつ綺麗を楽しむことモットーにファスティングや食育を広めつつ、日本の「和」の魅力も発信中。
好きなものは、犬、着物、日本酒お寿司、赤ワイン焼肉、京都。