「自粛前」のあなた、「自粛後」のあなた。

 

こんにちは。re:BiRTHです。

ようやくコロナウイルスによる自粛期間も緩和しつつあり、都内でも動きに変化を感じます。

リモートワーク、テレワーク、様々な形で引き続き仕事をしているあなた、お家で過ごされているあなた、身体のメンテナンスは最近いかがでしょうか?

 

 

外に出歩くということが減り、

「やばい、太ったよ〜!」

「ファスティングしたいです!」

「どうしたらいい?」

「そもそも何からやればいい?」

など、相談が増えました。

 

これ、実は

自粛期間中の食生活や生活習慣にみんな慣れ始めている

という危険信号なんです!!!

 

コロナの報道から約4ヶ月近くが経ちます。そして、本格的な自粛規制になってから約2ヶ月。

人は慣れるまでに「3週間」とはよく言ったもので、この自粛の間の食生活も慣れれば「3週間」の習慣になってしまっているのです。

 

あなたはいかがでしょうか?

「自粛前」の食生活・生活習慣と、「今」の食生活・生活習慣、変化していませんか?

 

体重や体脂肪率が増えたという方、
身体のラインが変わったという方、
着れていた服が窮屈になっているという方、

完璧な危険信号です!!!!!

 

今からでも間に合います!!

「自粛前」のあなたと「自粛後」のあなたを比べてみてください。

あっ、わたしヤバイかも? と思ったら、今が始めるとき。

ここからさらに「自粛後」の生活を続けると、元に戻すのに一年以上は時間と努力が必要になります。

 

今からだったら夏に間に合います!!

 

re:BiRTHでは

・ファスティングのカウンセリング、セッション

その他にも

・断食以外の美容健康を崩さない食事管理指導

・ボディメンテナンス アロママッサージ

など、様々なアプローチ法を組み合わせて指導しております。

薄着にもなりつつあり、身体のラインも見えまくりの季節になります。

 

一緒に「夏まで修正ボディ」目指していきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

藤村 菜生 Nao Fujimura

上京と共に大学進学、アパレルの勉強の途中で美容業界に惹かれ、学生時代からセラピー技術を勉強する。
卒業後、美容部員、エステティシャン、セラピストを経て、ファスティングに出会う。当時、重度の花粉症やハウスダストのアレルギー症状に悩まされていたが、ファスティングをして改善。また、10kgのダイエットにも成功。
その後、婦人系のがんが発見され手術を宣告されたが、ファスティングを取り入れたメソッドを行い、手術をせずにがん陰性に戻した。
現在は、健康でありつつ綺麗を楽しむことモットーにファスティングや食育を広めつつ、日本の「和」の魅力も発信中。
好きなものは、犬、着物、日本酒お寿司、赤ワイン焼肉、京都。